社内風景

社内の情報伝達ツールとしてチャットシステムを使おう

使い方を間違えないこと

PCとスーツの人

ルールを明確にする

社内の仕事を円滑に進めるためには、コミュニケーションが必要になります。しかしコミュニケーションはかつてのように言葉だけの直接のコミュニケーションだけではありません。メールやチャットなどのコミュニケーションツールを用いることが多くなっています。しかし便利なコミュニケーションツールですが、導入の際には、使用ルールを明確にするなどの配慮も必要になります。オフィス上でのトラブルは、メールやチャットなどのコミュニケーションツールが要因になっていることが少なくないためです。このようなツールは、一方的に仕事を依頼することが可能になります。返答がすぐにできない場合には、仕事が積滞する可能性もあるのです。しかし便利であるがゆえに気軽にメールなどを利用することによって一方の人に負荷がかかるなどの平等性を欠く可能性もあるのです。そのため、利用方法のルールを事前に明確にしておくことが必要になるのです。コミュニケーションツールの仕事に大きな時間をかけているという分析結果もあります。本来の仕事ではなく、メールやチャットの依頼事項を片付ける時間が増加し、その分、本来のアクティブな仕事ができなくなる可能性もあるのです。これでは逆効果になってしまう事も懸念されているのです。これを解決するには最低限のルールを明確にして仕事の効率を第一に考慮することが最も大事なポイントになるのです。さらに、コミュニケーションツールに頼りすぎない環境も大事です。